ビシケク人文大学日本語日本文学講座のオリジナルサイトへようこそ!


3つの専攻課程

本講座は、国際関係論、東洋文献学(歴史・言語)、言語学の3つの専攻課程に分かれています。専攻課程は入学時に選択し、4年間のカリキュラムで当該分野の専門力と幅広い教養を養います。

国内有数の東洋学研究拠点

ビシケク人文大学は創立以来、東洋学の分野で高い実績を有しており、日本語日本文学講座は、国内有数の日本語教育・日本学研究の拠点となっています。

東洋国際関係学部図書室や跡見文庫、昭恵文庫など日本語学・日本学関連の書籍が多数所蔵されています。

ハイレベルな日本語教育

本講座では、1週間に5回「日本語」の授業があり、集中的に日本語を学習できます。「日本文学」「通訳・翻訳理論」などの専門科目も充実しており、「日本語で」学ぶ科目も開設されています。



日本語日本文学講座最新ニュース!


 ◆ 【研究成果】ビシケク人文大学×四国大学 共同研究「キルギス日本学研究目録」(2018.9.18)

 20184月から9月まで、キルギス国立科学アカデミーの協力のもと、本講座のジュヌシャリエワ・アセーリ上級講師と四国大学の西條結人助教の共同研究グループ(研究協力:ビシケク人文大学 マシュラポフ・タラスベック教授、キルギス国立科学アカデミー イマーゾフ・ムハメ教授)は「キルギス国内の日本学研究文献目録作成プロジェクト」に取り組みました。本プロジェクトの詳細については、キルギスのウェブニュースサイトAkipressのこちらの記事からご覧になれます。


 ◆【イベント報告】 「キャフィー日本語ワイワイ大会」!(2018.5.11)

2018年5月11日「キャフィー日本語ワイワイ大会」を実施しました。学生たちは積極的に参加してくれました!


 ◆【イベント報告】 「ビシケク人文大学第1回漢字コンテスト」!(2018.5.4)

2018年5月4日「ビシケク人文大学第1回漢字コンテスト」が行われました。参加した1年生と2年生から合わせて約半数の22名が頑張って挑戦しました。部首を見つける問題はちょっと難しかったようですが、反義語の問題は全員が正解しました。結果は次の通りです。

     1位 トクトナザロワ・ジャマルカン(2年生)

     2位 ムラトワ・ウムット                    (1年生)

     3位 ナディルベコワ・アセーリャ    (1年生)


 ◆【イベント報告】 2018年キルギス共和国日本語弁論大会!(2018.3.24)

   2018年キルギス共和国日本語弁論大会がアラバエフ名称キルギス国立大学で開催されました!本講座からは「初級部門」には1名、「中上級部門」は4名が出場し、気持ちのこもったスピーチを披露しました。

その結果、出場した全員がそれぞれの部門(「初級部門」1位、「中上級部門」1位、3位、5位)で入賞しました。

「中上級部門」で入賞した学生は中央アジア日本語弁論大会に出場します!


 ◆【イベント報告】 2018年ビシケク人文大学日本語弁論大会開催!!!(2018.3.5)

2018年ビシケク人文大学日本語弁論大会が開催されました!今年は昨年と同様に「初級部門」「中上級部門」の2部門を設け、1年生から4年生までの学生が熱いスピーチを披露しました。「中上級部門」の上位3名は、3月24日に行われる2018年キルギス共和国日本語弁論大会に出場します。


ココが気になる日本語日本文学講座!(画像をクリック!)



キルギス日本語チャンネル〜Kyrgyz Nihongo Channel〜

ビシケク人文大学日本語日本文学講座の学生と教員が「キルギス」をお届けします!!

学生制作大学紹介ムービー

ビシケク人文大学日本語日本文学講座の学生たちが「日本語」で大学・学部紹介をしてくれます!ロシア語字幕付きです。

授業紹介ムービー

学部2年生対象の「時事日本語研究」の授業です。日本語で書かれた日本や世界のニュースを読んでいます。